公募 公募

平成28年度公募

プログラムの概要

 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)は、戦略的な研究開発の推進や産学が連携した研究開発成果の展開を通して意思を持った研究開発へのファンディングを進めてまいりました。

 一方、平成26年度の産業競争力会議において、我が国から常にイノベーションが生まれ、産業競争力の強化につながるようにするためには、革新的な技術シーズの創出力の強化による産学官からなるオープンなイノベーションやこれらの技術シーズを民間企業による迅速な事業化に結びつける「橋渡し」機能の強化が必要と指摘されました。この橋渡し役に関しては、ファンディング機関への期待が高く、イノベーションの実現に必要なプログラム・マネージャーの育成、キャリアパスの形成が喫緊の課題として挙げられました。また、「第5期科学技術基本計画」(平成28年1月22日閣議決定)においても、研究開発プロジェクトの企画・管理を担うプログラム・マネージャー等の多様な人材について、人材の 育成・確保のための取組を推進することが盛り込まれました。

 JSTでは、これまでの経験を生かし、橋渡し機能強化の要望・期待に応えるため、平成27年度より、プログラム・マネージャーを育成するための 「プログラム・マネージャー(PM)の育成・活躍推進プログラム」(以下「PM育成プログラム」という)を実施しており、平成28年度もPM育成プログラムの研修生の一般公募を開始いたしました。

image.png

                                         

プログラムの目的

 PM育成プログラムは、PMを目指す人を対象に、PMに必要とされる能力を育成し、活躍を推進することを目的としています。

○ PM育成プログラムで想定しているPMの主な活動内容

・ 革新的な技術シーズの発掘

・ 大きな波及効果をもたらす成果を実現するための構想と計画の企画立案

・ 課題解決に向けた技術シーズの育成

・ プログラム実施に必要な専門的知識や技術を持った適切な人材の結集と計画の実行・管理

○ PMに求められる人材像と能力

 社会・経済への大きな波及効果をもたらす革新的技術や異分野融合あるいは強みを有する研究や技術のシステム化による新たな価値創造を目指す研究開発プログラムを企画し、専門的知識や技術を持った人材と共に、第一線の研究者と連携しながら、技術的成立性の証明等により、他者に驚きをもって迎えられるようなプログラムの目標達成を目指して実行・管理する人で、その遂行には以下に示すような能力が求められます。

・ 社会のニーズを把握する力    ・プログラムを推進する力

・ 新たな価値を創造する力     ・プログラムを管理する力

対象者

下記のいずれかの実務経験を有する者。

a. 企業等において、新製品や新事業の企画または研究開発に従事した経験を有する者。

b. 大学・研究機関等において、リサーチ・アドミニストレーター(URA)もしくは

  URAと同等の業務に従事した経験を有する者、または研究開発活動に従事した経験を有する者。

c. 国内のファンディング機関(FA)等において、研究開発プログラムを担当した経験を有する者。

採択予定人数

20名程度

公募スケジュール

具体的な日程は決まり次第、公開します。

公募期間: 平成28年5月11日(水)~6月10日(金)14時
書類選考期間: 平成28年6月中旬~下旬
書類選考結果通知: 平成28年7月上旬
面接選考日:  平成28年7月10日(日)、11日(月)
採択者決定通知・公表: 平成28年7月下旬
研修開始予定:  平成28年10月14日(金)
公募要領・提出書類様式

平成28年度公募要領(pdf:719KB)

●提出書類様式

応募者の基本情報【様式1】(word:23KB)

小論文【様式2】(word:20KB)

個人情報の取扱いに関する同意書【様式3】(word:22KB)

所属機関の同意書【様式4】(word:21KB)

Q&A

よくある質問と回答(PDF:111KB)

リーフレット

公募リーフレット(PDF:296KB)
ご自由にお使いください。A4サイズの両面印刷をおすすめします。

お問い合わせ先

〒102-0076 東京都千代田区五番町7 K's五番町
国立研究開発法人科学技術振興機構 イノベーション人材育成室 公募担当
Email: メールアドレス画像
Tel:03-5214-8446

(受付時間:10:00~12:00/13:00~17:00※)
土日祝祭日を除く
緊急の場合を除き、お問い合わせはなるべく電子メールでお願いします。

このページの先頭へ